ビーンズヘルスケアセンター/デイサービス ビーンズリハビリセンターよこはま/ビーンズ訪問看護ステーションよこはま
  • ごあいさつ
  • 施設について
  • ご利用案内
  • スタッフ紹介
  • 採用情報
  • 事業所長あいさつ

スタッフボイス

スタッフ

理学療法士

こんなお仕事しています

主に個別リハビリを担当しています。
利用者様の疾患に伴う症候の中でも日常生活活動に関わる症候に対して、可能な限り機能的に改善を図り利用者様に少しでも楽しく生活が送れるように手助け出来たらと考えています。そして良い状態を可能な限り維持して頂き、予防の意味も込めてお土産として自宅で出来る簡単な運動や対処法を指導しています。

わたしの仕事のやりがいとは

利用者様に自分が治療を行いアドバイスして関わることで“楽になったよ”と表情が柔らかくなった瞬間にやりがいを感じます。医師は薬と手術で症状を治していきますが、それでも良くならない方々は世の中には沢山いらっしゃいます。そのような方々に対して、適切な運動を処方する事で軽快されることもよくあります。このように理学療法の適応範囲内の方々に対して、サービスを行い結果がついてきた時にはやりがいを感じます。

自分にとってビーンズとは

一言で言えば、“可能性を広げる場”と考えています。
具体的にはまだ形になっていませんが、今までの病院勤務、教育現場で感じた限界を超えるための可能性を持っている場だと考えています。また今の制度ではサービスを受けられないような方々の受け皿としての新しい可能性を秘めた場だと考えています。運動に特化したこのような場はまだあまり存在しないので、先駆け的施設としての役割があると考えます。

仕事を通じた今後の目標

個人的には理学療法の専門性を上げ自分の人間力を上げて利用者様に還元して、利用者様の満足度を上げたいです。
事業所としては、様々な職種がいるので、それぞれの特色を活かして何か新しい取り組みが出来たら楽しいだろうと思います。
長期的な目標としては、理学療法の体系化に携わり次世代に残す活動に取り組みたいと考えています。また、理学療法はまだまだ社会的認知が低いので結果を出して認めて頂けるようにしたいと考えています。

わたしの研究テーマ

医師と理学療法士の扱う領域は、重なることはあっても別の治療法だと私は考えています。薬や注射、手術だけでは治らない方が大勢いらっしゃることを見れば一目瞭然です。そのような方々に対して適切な運動(他動運動を含む)を処方したり、指導することで症状が軽快する所を幾度となく経験してきました。その一方で、確かに変化のない方もいらっしゃいました。ということで、今後は理学療法の可能性と限界を見極めて適応となる方に対しての治療方法の幅を広げること、再現性のある新しい技術を探すこと、理学療法を体系化する作業に従事しそれを後世に伝えられるような形にすること、それにより社会貢献することなどを目標としています。

マイエピソード

理学療法士になり3年目に受けた研修会で、自分の恩師と言える方と出会いました。その恩師との縁で、様々な場所に行く事が出来ました。また理学療法士の仕事の楽しさを更に感じるようになりました。その恩師との出会いがなければ、今の自分はいないと言っても過言ではありません。
もう一つ重要な出会いがありました。それは今まで関わってきた全ての患者様・利用者様との出会いです。こちらが専門的なサービスを提供する立場ですが、患者様・利用者様から教わる事がかなりありました。例えば、教科書で得た知識を裏付けるようなエピソードを話して頂いたり、専門外の人生の先輩としての意見を伺ったり、毎回何かしらの発見をさせて頂きました。

勤務スタッフ一覧ページへ

Photo:ビーンズヘルスケアセンター外観

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL.045-300-0515

ビーンズヘルスケアセンター
デイサービスビーンズリハビリセンターよこはま
ビーンズ訪問看護ステーション
よこはま

〒246-0031神奈川県横浜市瀬谷区
瀬谷1-23-4 YビルA

  • スタッフからのメッセージ
  • スタッフの研究日誌BLOG 研究&研修報告
  • リハビリテーションクリエーターズ株式会社

ページの先頭へ


Copyright(c)Rehabilitation Creators Co.,Ltd. All right reserved

ホームページ制作