ビーンズヘルスケアセンター/デイサービス ビーンズリハビリセンターよこはま/ビーンズ訪問看護ステーションよこはま
  • ごあいさつ
  • 施設について
  • ご利用案内
  • スタッフ紹介
  • 採用情報
  • 事業所長あいさつ

スタッフボイス

スタッフ

健康運動指導士

こんなお仕事しています

わたしの仕事のやりがいとは

利用者様が 「この運動をやるようになってから、1人でお風呂にまたいで入れるようになったの」 と笑顔で報告をして下さったり、 「今日の体操はやってくれないの?あなたが大きな声で体操をしていると元気になるわ」 など声をかけていただいた時や、言葉に出さなくても利用者様と意思の疎通ができた時などに喜びを感じています。利用者様の思いに応えられるようにならなければと努力しています。

自分にとってビーンズとは

日々、勉強の場です。
前職ではその場限りの指導が多く、1人の人を継続的にみていくことはありませんでした。
そのため、何か伝えたくても関わる時間が足りなかったり、後からこれを伝えればよかったと後悔することもしばしばありました。ビーンズの利用者様は、週1回から複数回通っています。利用者様と接していると「なぜこうなんだろう」「どうしてこうなってしまうのだろう」「どうしたら改善していくのか」など疑問に思うことがたくさん出てきます。そのような疑問を解決して、利用者様に還元できるように日々コツコツと取り組まなければならないと思っています。
また、人生の先輩である利用者様からありがたいお話を聞く機会も多くあります。大人として、また社会人としてどう生きていくかを勉強させていただける場でもあります。

仕事を通じた今後の目標

プラスのエネルギーを与えることができるようになることが目標です。
エンダモロジーを使って個別リハビリを始めてまだ間もないのですが、ある利用者様に「今度担当してよ」と嬉しいお言葉をいただきました。まだまだ出来ることは少ないのですが、その利用者様の言葉を励みに、技術や知識をたくさん吸収して様々な方のリハビリが担当できるように頑張っていきたいと思っています。

わたしの研究テーマ

運動負荷について
現在、理学療法士が評価して利用者様それぞれの目標を設定し、その目標を達成できるように、自転車エルゴメーターやトレッドミル、マシントレーニングの負荷を決めています。利用者様の目標は、「転ばないようになりたい」「疲れにくくなりたい」「痛みを軽くしたい」「今より長く楽に歩けるようになりたい」「旅行に行きたい」などさまざまです。
目標もさまざまですが、利用者様の症状や状態もそれぞれ当然違います。運動の回数ややり方など、目標達成するための効果的な運動負荷を利用者様の状態に合わせて設定できるようにしていきたいと思っています。

マイエピソード

ある利用者様に「俺に無断で休んじゃだめでしょ」と声をかけられました。
入社して2ヵ月程が過ぎ、利用者様の名前もしっかり覚えてやっと少しずつ利用者様とコミュニケーションがとれるようになった頃だったので、ようやくスタッフの一員として利用者様に認めていただけたようでとても嬉しかったです。何気ない会話で利用者様が笑顔になって下さると私もとても嬉しくなり頑張ろうと励みになります。

勤務スタッフ一覧ページへ

Photo:ビーンズヘルスケアセンター外観

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL.045-300-0515

ビーンズヘルスケアセンター
デイサービスビーンズリハビリセンターよこはま
ビーンズ訪問看護ステーション
よこはま

〒246-0031神奈川県横浜市瀬谷区
瀬谷1-23-4 YビルA

  • スタッフからのメッセージ
  • スタッフの研究日誌BLOG 研究&研修報告
  • リハビリテーションクリエーターズ株式会社

ページの先頭へ


Copyright(c)Rehabilitation Creators Co.,Ltd. All right reserved

ホームページ制作